公開日: |更新日:

指定自動車学校と届出自動車学校の違い

このページでは指定自動車学校と届出自動車学校の違いについて解説しています。それぞれの特徴やメリットについて解説しているので、入校を決める前にぜひ一読してください。

指定自動車学校と届出自動車学校の違い早見表

- 指定教習所 届出教習所
料金 入所金・教習料・検定料等をまとめて支払う場合が多い。
予算は約20万~35万前後。

1時限ごとの都度払い方式が多い。個人差があるが、指定自動車学校よりも安い傾向がある。
学科教習 最低26時限の受講 基本的には無し
または希望者のみ受講
技能教習 AT車限定は最低31時限 MT車は最低34時限
※1日に受けられる教習時間の上限および教習内容が決められている
受験可能なレベルに達していれば基本的には無し
※1日に受けられる教習時間の上限はなく、内容も自由
仮免学科試験 教習所内で受験 運転免許試験場で受験
仮免技能試験 教習所内で受験 運転免許試験場で受験
本免学科試験 運転免許試験場で受験 運転免許試験場で受験
本免技能試験 教習所近くの道路で実施 運転免許試験場で受験

指定自動車学校とは?

指定自動車学校とは、公安委員会が定めた基準をクリアした自動車学校のことです。指定自動車学校に認定されるためには教習カリキュラムおよび教習コース、設備、教習指導員が資格を有するインストラクターの在籍人数を総合して判断されます。
指定自動車学校を卒業する最大のメリットは技能試験が免除されることです。そのため指定自動車学校を卒業すれば、運転免許試験場で学科試験に合格すると免許が受け取れます。また仮免許証の取得が学校でできることもメリットと言えるでしょう。普段教習を受けている学校で仮免許試験を受験することで、合格する確率を上げられることでしょう。

届出自動車学校とは?

届出自動車学校とは、公安委員会に届け出を行った自動車学校のことを指します。公安委員会からの指定を受けていないので、教習内容についての自由度が高いのが特徴です。
指定自動車学校と大きく異なる点は、仮免許試験や卒業検定を実施することができないことです。そのため教習生は自分たちで運転免許試験場に行って仮免許試験や技能試験を受ける必要があります。
では届出自動車学校のメリットは何かというと教習料金が安いことです。指定自動車学校と比較すると1万円から3万円程度費用を抑えられます。

札幌市内の自動車学校・
教習所まとめを見る

札幌駅からアクセス良好&最寄り駅チカおすすめ自動車学校3選
桑園
自動車学校
札幌駅から 電車3
桑園駅から 徒歩2
AT車教習 320,155円
MT車教習 335,830円

※料金は2021年12月の情報です

北海道中央
自動車学校
札幌駅から 電車13
桑園駅から 徒歩8
AT車教習 320,540円
MT車教習 335,720円

※料金は2021年12月の情報です

麻生
自動車学校
札幌駅から 電車15
麻生駅から 徒歩4
AT車教習 320,760円
MT車教習 335,940円

※料金は2021年12月の情報です